LINE@登録で「初月で10万円以上稼ぐ方法をプレゼント!」 登録はこちら

ETHウォレットMetaMask(メタマスク)の使い方を完全解説

利用者の多いイーサリアムウォレット「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」を簡単に管理できる「MetaMask(メタマスク)」の使い方を徹底解説いたします。

 

スポンサーリンク

・MetaMask(メタマスク)のアカウントの作り方

MetaMaskは、PC上で利用するイーサリアムウォレットです。

Google Chromeの拡張機能を活用して使います。

 

・Google Chromeのダウンロード

PCブラウザ「Google Chrome」をダウンロードします。

「Google Chrome」をインストール済みの方は、次に進んでください。

 

「Google Chrome」のダウンロード

Google Chrome Web Browser
Now more simple, secure, and faster than ever - with Google’s smarts.

 

・Google ChromeにMetaMaskを追加(拡張機能)

Google Chromeを開きます。

MetaMaskと検索し、「MetaMask – Chrome ウェブストア」をクリックします。

 

右上の「Chromeに追加」クリックします。

 

Google Chromeに拡張機能を追加しますか?という画面が出てきます。

「拡張機能を追加」をクリックします。

 

右上に狐マークが追加されます。

 

・MetaMask(メタマスク)パスワードの設定

狐マークをクリックすると、利用規約が出てきます。

利用規約を一番下までスクロールして、「Accept」ボタンをクリックします。

 

パスワード(8文字以上)を入力し、「CREATE」をクリックします。

 

パスワードは他の人に知られないように管理しましょう。

パスワードの保存は、クラウド上に保存しないようにしましょう。

USBなど、オフライン環境で保存することをおすすめします。

 

・MetaMask(メタマスク)復元フレーズの保管

12個の復元フレーズが表示されます。

復元フレーズをコピペする、または、「SAVE SEED WORDS AS FILE」クリックしてテキストファイルに保管します。

 

復元フレーズも他の人に知られないように管理しましょう。

復元フレーズの保存は、クラウド上に保存しないようにしましょう。

USBなど、オフライン環境で保存することをおすすめします。

 

<復元フレーズを利用する機会>

 

1.パソコンが壊れたりして開けなくなった場合、他のパソコンで利用する時。

復元フレーズを紛失すると、2度と復元できなくなりますので、安全に保管しておきましょう。

 

2.MyEtherWalletと連携する時にフレーズを入力してログインする時。(復元フレーズはあまり乱用しない方が良いのでオススメしません。)

 

復元フレーズを保管後、「I`VE COPIED IT SOMEWHERE SAFE」をクリックします。

 

アカウントが追加されます。

これで、MetaMaskウォレットの開設は完了です。

 

・MetaMask(メタマスク)アカウント名の変更方法

アカウント名の上にカーソルを持っていくと、「edit」が表示されます。

「edit」をクリックします。

 

変更したいアカウント名を入力して、「Save」クリックして変更します。

 

・MetaMask(メタマスク)でMyEtherWalletを開いて利用する手順

MyEtherWalletを単体で利用する際は、秘密鍵、パスワードを新規登録する作業が必要です。

また、毎回ログインする時、秘密鍵を入力する必要があります。

 

MetaMaskを利用すると、MyEtherWalletの登録作業せずに、簡単にログインできます。

毎回、秘密鍵を入力する手間が省けるので、とても便利です。

 

MetaMaskは、

MyEtherWalletを初めて利用する方法と、

すでに開設済みのMyEtherWalletを連携して利用する方法、

があります。

 

・MyEtherWalletサイトは偽物サイトに注意!

MetaMaskにパスワードを入力してログイン後、MyEtherWalletにアクセスしますが、MyEtherWalletは、偽物サイトが多発しています。

 

偽物サイトは、精巧に作られていて見分けがつきません。

検索エンジンで検索して、アクセスしないようにしましょう。

 

初めてMyEtherWalletを開く時は、信頼できるサイトに掲載されているリンクからアクセスしてください。

 

例えば、ハードウェアウォレット販売の「Ledger」のサイトです。

Ledger Wallet - Hardware wallets - Securing your crypto assets
Ledger offers smartcard-based crypto asset hardware wallets bringing optimal protection level to your bitcoins, ethereums, ripple and more - without sacrificing...

 

「Ethereum (ETH)」の所にMyEtherWalletの正規リンクがあります。

アクセス後、ブックマークを忘れずにしておきましょう。

 

・初めて利用するMyEtherWalletをMetaMaskで開いて利用する方法

MetaMaskにパスワードを入力してログイン後、ブックマークしたMyEtherWalletにアクセスします。

 

「Ether/トークンの送出」、または「お財布情報の確認」をクリックします。

 

MetaMask/Mistを選択し、「MetaMaskに接続する」をクリックします。

 

この画面が表示されて、MyEtherWalletのログイン完了です。

 

・すでに登録しているMyEtherWalletをMetaMaskで開いて利用する方法

MetaMaskにパスワードを入力してログインします。

 

をクリックして、「Import Account」をクリックします。

 

 

SELECT TYPEは、「Private Key」を選択します。

「Paste your private key string here」のところに、登録しているMyEtherWalletの秘密鍵をコピペ入力し、「IMPORT」をクリックします。

 

これで、すでに登録しているMyEtherWalletとMetaMaskの連携は完了です。

 

連携したアカウントには、「IMPORTED」と表示されます。

 

ログインするときは、をクリックして、連携したアカウントを選択します。

 

ブックマークしたMyEtherWalletにアクセスして、「Ether/トークンの送出」、または「お財布情報の確認」をクリックします。

 

 

MetaMask/Mistを選択し、「MetaMaskに接続する」をクリックします。

 

 

これで、すでに登録しているMyEtherWalletをMetaMaskを使って、ログインできました。

 

・MetaMask(メタマスク)の入金方法

MetaMaskには、イーサリアムとイーサリアム系トークンを入金保管することができます。

 

ウォレットアドレスを送金元(取引所、他ウォレット、ICOなど)から送金先アドレス欄にコピペして、送金手続きを行って受け取ります。

 

・MetaMask(メタマスク)ウォレットアドレスを確認する方法

ウォレットアドレスを確認する方法な2つあります。

 

画面右上の狐マークをクリックします。

 

アカウント横にある「・・・」をクリックします。

 

「Show QR Code」からウォレットアドレスを確認する

 

「Show QR Code」をクリックすると、QRコードとアドレスが表示されます。

 

をクリックしてウォレットアドレスをコピーして送金先に貼り付けて、出金手続きを行います。

 

「Copy Address to clipboard 」からウォレットアドレスを確認する

 

「Copy Address to clipboard 」をクリックすると、ウォレットアドレスをコピーできます。

 

このウォレットアドレスをコピーして送金先に貼り付けて、出金手続きを行います。

 

・MetaMask(メタマスク) 入金履歴の確認方法

MetaMaskの入金確認は、「Ethereum」というサイトで確認できます。

 

ウォレットアドレスで、入出金履歴、保有額、保有トークンを簡単に確認することができます。

 

画面右上の狐マークをクリックします。

 

アカウント横にある「・・・」をクリックします。

 

「View account on Etherscan」をクリックします。

 

入出金の履歴が表示されます。

 

「TxHash」をクリックすると、詳細を確認できます。

 

・MetaMask(メタマスク) イーサリアムの送金方法

 「SEND」をクリックします。

 

送金先アドレス、送金額を入力後、「NEXT」をクリックします。

「TRANSACTION DATA (OPTIONAL)」は入力しなくて良いです。

 

送金内容の確認画面が表示されます。

送金元から送金先、残高
送金額
ガスリミット(送金速度、送金手数料関連)
ガスプライス(送金速度、送金手数料関連)
送金手数料
送金額と送金手数料の合計

送金内容に間違えなければ、「SUBMIT」をクリックします。

 

これで、送金手続きの完了です。

 

「RESET」は、ガスリミットとガスプライスを初期値に戻したい時にクリックします。

「REJECT」は、送金をキャンセルしたい時にクリックします。

 

・送金しない場合は必ずキャンセル手続きを!

「REJECT」をクリックしてキャンセルせずに、別の送金手続きをすると、以前の送金しようとしたものが残っていきます。

 

2つある場合、場面のように「1of2→」と表示されます。

 

送金間違いを起こす場合がありますので、送金しない場合は必ず「REJECT」をクリックしてキャンセルしてください。

 

送金しようとしたものの全てをキャンセルする場合、

「REJECT ALL」をクリックしてキャンセルしてください。

 

・MetaMask(メタマスク) イーサリアムの送金、送金手続き履歴の確認

アカウントページの「SENT」タブをクリックします。

 

送金履歴一覧が表示されます。

送金をキャンセルしたもの
送金をキャンセルせずに残しているもの
送金が完了したもの

 

 

送金が完了した部分をクリックすると、「Ethereum」に行き、送金の詳細を確認できます。

 

・MetaMask(メタマスク) トークンの送金方法

MetaMaskは、イーサリアムの送金はできますが、イーサリアム系トークンの送金には対応していません。

 

MetaMaskでトークンを送金する場合、MyEtherWalletなどにログインして、送金することができます。

 

ここでは、MyEtherWalletにログインして、トークンを送金する手順を解説します。

・トークン送金の注意事項

トークンの送金手数料は、イーサリアムで支払われます。

イーサリアムがないと、トークンの送金ができません。

 

最低でも0.01ETH程度のイーサリアムをウォレットに入金しておきましょう。

 

・MyEtherWalletにイーサリアム残高が表示されない時の対処法

MyEtherWalletにイーサリアム残高(アカウント残高)が表示されない場合があります。

 

この場合、画面右上のプルダウンから2つ目の「ETH (etherscan.io)」を選択すると、残高が表示されます。

 

・MetaMaskからMyEtherWalletにログイン

まずは、MetaMaskから「Ether/トークンの送出」を選択して、MyEtherWalletにログインします。

 

・MetaMask(メタマスク) トークンの送金手続き

送金先アドレス入力、送金通貨選択、送金量を入力後、「トランザクションを生成」をクリックします。

送金したいトークンが表示されてない場合、「トークンの追加」を行なってください。

 

「トランザクションを送出」をクリックします。

 

確認画面が表示されます。

「はい、問題はありません!処理を実行します。」をクリックします。

 

「SUBMIT」を実行して、トークンの送金手続きは完了です。

 

MetaMask(メタマスク) トークン送金の確認方法

送金手続き後の画面下に表示される「Verify Transaction」をクリックします。

 

送金詳細が表示されます。

「pending」から「Success」に変わると、送金は完了です。

 

・MyEtherWalletにトークンを追加する方法(カスタムトークン追加)

送金したいトークンが通貨選択タブに表示されていない場合、ウォレットにトークンを追加します。

 

トークンをウォレットに追加することを「カスタムトークンの追加」といいます。

 

ウォレットの右側の「Tokens (Ethplorer.io)」をクリックします。

 

Ethplorer.ioが開いて、ウォレット内のイーサリアム、トークンの保有状態が表示されます。

 

ここでは、KTCトークンを追加してみます。

 

「KTC」をクリックします。

 

「KTC」の詳細が表示されます。

カスタムトークンの追加に必要な情報は、3つです。

 

「KTC」のトークン追加情報の場合、

Contract Address(トークン契約アドレス) : 0x60DaEC030A5B76bfD4aAA6C0b2bf6d4b81C4a34E

Symbol(トークンシンボル) : KTC
Decimals(桁数): 8

 

マイイーサウォレット右側の「カスタムトークンを追加」をクリックします。

トークン追加情報を入力して、「保存する」をクリックします。

 

トークンが追加され、通貨選択タブに表示されます。

 

・まとめ

MetaMaskにログインしていれば、MyEtherWalletを簡単に開くことができます。

「Ether/トークンの送出」「お財布情報の確認」の操作がスムーズにできます。

 

ログイン時に秘密鍵を入力する必要がないので、セキュリティ的にも安心です。

 

MetaMaskは、MyEtherWalletを複数管理できて、秘密鍵の入力が不要なので管理がとても楽になりますね。

 

参考にしてください。