LINE@登録で「初月で10万円以上稼ぐ方法をプレゼント!」 登録はこちら

Copay(コペイ)仮想通貨ウォレットの使い方完全マニュアル

取引所の不正出金が相次ぐ中、

自分自身のウォレットで

管理する方が増えています。

 

長期保管資産は、

あなた自身のウォレットに

移しておくのが良いでしょう。

 

ここでは、PCでもスマホでも

ビットコイン(BTC)、

ビットコインキャッシュ(BCH)、

 

を管理できるウォレット

「Copay」の登録、使い方に

ついて解説していきます。

 

スポンサーリンク

・仮想通貨ウォレット Copay(コペイ)とは

Copayは、米bitpay社が開発の

BTC、BCHを管理できる

ウォレットです。

 

日本語対応なので、英語が苦手という人も

安心して使えるかと思います。

 

PCでもスマホでも利用できて、

ウォレットデータを

PCとスマホ間で同期できます。

 

また、Copayは、

完全オープンソースのウォレットです。

 

世界中の開発者全員で管理開発できるため、

バグや仕様変更など、早く対応できるのも特徴です。

 

・Copay(コペイ) 機能

・Copay(コペイ) 共有ウォレット作成可能(マルチシグ)

通常、ウォレットの送金は、

保有者1人が管理して送金します。

 

Copayでは、複数の管理者が異なった

秘密鍵を保有できて、ウォレットを

複数人で管理することができます。

 

万が一、秘密鍵の一つが盗難にあっても、

流出が防ぐことができます。(マルチシグ)

 

送金する時は、管理者全員の秘密鍵が必要となり、

1人の判断では送金できない仕組みです。

 

個人では利用する機会は少ないかと思いますが、

企業や団体などの仮想通貨資産の管理で、

活用しやすい機能かと思います。

 

・Copay(コペイ) 複数ウォレット作成可能

1人で同じ端末内に、

複数ウォレットを作成できます。

 

長期保管用、ICO用、仕事用、トレード用

などのように、保有資産を複数ウォレットに

分けて管理することができます。

 

前述のマルチシグ機能を組み合わて、

個人用ウォレットと、

企業や団体などの共有ウォレットを、

同じアプリ内で管理することができます。

 

・Copay(コペイ) セキュリティ

ウォレットの秘密鍵は、

アプリ内に保管されています。

 

Copayや開発者側では、

秘密鍵にアクセスできません。

 

ウォレットの管理者だけが、

ウォレットを管理できます。

 

ただ、秘密鍵の管理は厳重に行いましょう。

 

秘密鍵が盗難されると、ウォレット内の資産は、

ごっそり出金されてしまします。

 

秘密鍵の管理は、オンライン保管ではなく、USBなどのオフライン保管が最適です。

 

・Copay(コペイ) アプリのインストール

登録前に、Copayアプリをインストールします。

 

最初に、Copayの公式サイトに

アクセスします。

 

Copay 公式サイト

 

日本語表示サイトから

インストールできるので簡単です。

 

画面の「Copayをダウンロード」をクリックして、

ダウンロード用画面に移動します。

 

あなたが使用するデバイスのリンクを選択し、

アプリをダウンロードします。

 

・Copay(コペイ) 登録作成手順

ここでは、

iPhoneを使った方法を解説します。

 

アプリをインストール後、

アプリを起動します。

 

アプリを起動後、

画像の「始めよう」を選択します。

 

・Copay(コペイ) パスワード設定

ウォレットの解説画像が表示されるので、

画面右上の「スキップ」を選択します。

 

英語で、

「ウォレットのパスワードを設定しますか?」

という画面が表示されます。

 

ここでは、「はい」を選択して

パスワードを設定します。

 

パスワードの入力画面で、

2回設定するパスワードを入力後、

「OK」を選択します。

 

パスワードは送金、管理などで使用するので、厳重に保管しておきましょう。

 

・Copay(コペイ) メール通知設定

メールの通知設定画面が表示されます。

 

メールを設定すると、

Copayの入金送金などの情報が、

設定メールに送られます。

メール設定する場合、

設定するメールアドレスを入力し、

「続ける」を選択します。

 

メールアドレスの確認画面で「確認」を選択します。

 

メール設定しない場合、

「スキップ」を選択します。

 

・Copay(コペイ) 復元用バックアップフレーズの設定

お使いのデバイスが破損、紛失時に、

ウォレットを復旧するための

バックアップフレーズを設定します。

 

このバックアップフレーズがないと、

ウォレットを復元できず、

あなたの資産を取り出すことができませんので、

必ずバックアップフレーズを作成してください。

 

「ウォレットをバックアップ」

を選択します。

 

「見られていませんか?」という

画面が表示されるので、

「分かりました」を選択します。

 

英語で「スクショで保存することは危険です」

というメッセージが表示されるので、

「承諾しました」を選択します。

 

次に、パスワードを入力して、

「OK」を選択します。

 

12 個のキーワードが表示されるので、

紙に書き留めて、厳重に保管しておいてください。

 

保存後、画面下の英語表示の

「書き終わりました」を選択します。

 

次に、先ほど表示された、

12 個のキーワードを確認の為に

順番に選択します。

 

全てのキーワードを順番に並べられたら、

「確認」を選択します。

 

「書き留めたバックアップフレーズは、

厳重に保管してください。」という

メッセージが表示されるので、

「GOT IT」を選択します。

 

・Copay(コペイ) 利用規約、注意事項の確認

「ほぼ完了!確認してみましょう」

という画面が表示されて、

利用規約、注意事項の画面が表示されます。

 

注意事項の英文訳は、

私の資金はこのデバイス上で保管されるのであって、提供企業(BitPay社)に保管されるのではないことを理解しています。

 

注意事項の英文訳は、

このアプリが他のデバイスに移行されたり削除されたりした場合、私のビットコインはバックアップフレーズを使ってバックアップからのみ復元されることを理解しています。

 

注意事項の英文訳は、

BitPay社がメールアドレスを使用して支払いに関する電子メール通知を送信することを理解しています。(メール更新とウォレットに関するニュースを選択されている場合に限る)

 

全てにチェックを入れます。

 

 

また、画面下の英文で

「利用規約を読み、理解して、同意します」

にもチェックを入れて、

「Confirm & Finish」を選択します。

 

・Copay(コペイ) ウォレット作成完了

画面に「ビットコインウォレットが完成しました!」

と表示されて、Copayウォレット作成完了です。

 

・Copay(コペイ) 新規ウォレット追加手順

Copayの特徴である複数ウォレットを作成をしてみます。

 

複数ウォレットが必要ない場合、

「個人用ウォレット」をそのまま

利用してもかもいません。

 

ビットコインウォレットの

右にある「+」を選択します。

 

「New Wallet」の画面で、

作成したいウォレットのタイプを選択します。

Create personal wallet(個人ウォレットの作成)

共有ウォレットを作成

共有ウォレットに参加

ウォレットをインポート

の中から選択します。

 

 

ここ、「Create personal wallet」を選択して、

個人ウォレットを作成していきます。

 

次の画面で、

追加する新しいウォレットの情報を入力します。

 

Wallet name(ウォレットの名前)を入力、

 

別通貨切り替え欄で

通貨の種類(BTC、BCH)を

選択して「OK」を選択します。

 

詳細設定の部分はそののままで大丈夫です。

 

入力後、画面下の「Create Wallet」を選択します。

 

パスワード設定画面表示されます。

パスワード設定する場合、

最初のウォレット作成と同様に、

パスワードの入力画面で

パスワードを設定します。

 

以上で新規ウォレット追加完了です。

 

ホームのBTCウォレットに先ほど作成したウォレット(今回は投資用という名前)が表示されます。

 

「Needs Backup」という表示が出ている場合、

バックアップをとっておきましょう。

 

ウォレットを選択して、

右上の設定マークを選択します。

 

設定画面の「バックアップ」

を選択します。

 

バックアップフレーズは、

ウォレットごとに異なります。

 

復元用バックアップフレーズ取得は、

先ほど解説した方法と同じです。

 

・Copay(コペイ) ウォレット削除手順

先ほど作成したウォレットの削除をしてみます。

 

削除前

 

ウォレットを選択して、

右上の設定マークを選択します。

 

画面一番下に移動して、

「ウォレットを削除」

を選択します。

 

「注意!」という画面が表示されます。

削除すると、ウォレットは元に戻せません。

 

ウォレットの削除前に、残高は他のウォレットに移動しておきましょう。

 

ウォレットが不要な場合、

「削除する」を選択します。

 

最後に、注意!画面が表示されるので、

「OK」を選択します。

 

これで、ウォレットの削除完了です。

 

・Copay(コペイ) 入金方法

入金(受取)したいウォレットを

選択します。

 

画面下の「受取」を選択します。

 

ウォレットの受取用アドレスと

QRコードが表示されます。

 

送金元(取引所、ウォレットなど)で

QRコードを読み取るか、

受取用アドレスをコピペして送金します。

 

画面をタップすると、

受取用アドレスがコピーされます。

 

送金元(取引所、ウォレットなど)

の送金先欄にペーストします。

 

送金元の操作方法に従って、

送金手続きを行ってください。

 

・Copay(コペイ) 受取用ウォレットアドレスの共有方法

あなたの受取用ウォレットアドレスを

知らせたいときは、画面上の「・・・」を選択します。

 

「Share address」を選択します。

 

共有方法は、お使いのデバイス環境で異なります。

ここでは、Gメールを使って共有してみます。

 

このような画面が開いて、

共有先のメールアドレスを入力後、

送信して共有します。

 

・Copay(コペイ) 送金方法

外部へ送金するウォレットを

選択します。

 

画面下の「送信」を選択します。

 

送金先のアドレスのQRコードを読み込むか、

送金先のアドレスをコピペ入力します。

 

送金先のアドレスを入力すると、

金額入力画面が開きます。

 

 

送金金額を入力して、「→」を選択します。

 

送金の確認画面が表示されます。

 

確認後、「Slide to send」を

スライドすると、送金手続きは完了です。

 

・Copay(コペイ) 送金状況、送金履歴の確認方法

ウォレットを選択します。

 

残高の下に、送金、入金状況の

一覧が表示されます。

 

 

履歴を選択すると、

詳細を確認できます。

 

画面下の

「ブロックチェーンで詳細を確認」

を選択すると、より詳細を確認できます。

 

 

後々、送金状況を

確認する時に楽なので、

 

メモ欄にどこに送金したかを

記載ておくと良いでしょう。

 

 

・Copay(コペイ) BTC・BCH送金時の注意点

仮想通貨の送金で、特に気をつける点は、

送金先のアドレスの入力ミスです。

 

送金先を間違えても、

キャンセルできません。

 

送金時は、何度も送金先を確認しましょう。

 

大金を送金する場合、

まず少額で送金テスト後に

全額送金することをお勧めします。

 

Copay(コペイ)は、

QRコードを直接読み取り入力可能、

アドレスコピーペースト可能、

 

という機能が備わっているので、

送金先のアドレスの入力ミスを予防できます。

 

・Copay(コペイ) 復元方法(他の端末で利用する等)

デバイスの紛失、故障などで、

他のデバイスを利用した、

復元手順について解説します。

 

・Copay(コペイ) 復元キーワードを「かな入力」できない時の対処方法

復元キーワードは「ひらがな」です。

 

新規端末(スマホ、タブレット)の場合、

「かな入力」ができない場合があります。

 

この場合、最初にキーボードを

かな入力ができる設定にしておきましょう。

 

・iPhone、iPad、iPod touch キーボード設定方法

iPhone、iPad、iPod touch のキーボード設定について
iOS 11 以降では、デバイスに内蔵されているキーボードをどの App でも使えます。各種のキーボードを切り替えたり、片手用キーボードを選択したり、他社製のキーボードを使うこともできます。

 

・アンドロイド キーボード設定方法

別の言語で入力する - Android - Gboard ヘルプ
モバイル端末の言語を変更せずにキーボードの言語を変更できます。 注: この手順の一部は、Android 7.0 以降でのみ動作します。

 

・Copay(コペイ) キーボード変更しても かな入力できない時の対処方法

他社製キーボードアプリを利用していると、かな入力ができない場合があります。

 

キーボードをかな入力変更しても、かな入力ができない時は、他社製キーボードアプリを一度削除してみてください。

 

・Copay(コペイ) 復元手順

ここでは、

iPhoneを使った方法を解説します。

 

Copayをインストールして、起動します。

 

次の画面が表示されたら、

「バックアップからの復元」を選択します。

 

「Recovery phrase」に保存しておいた

12個のバックアップフレーズを順番に入力します。

 

半角の空欄を空けて入力します。

 

別通貨切り替え欄で

通貨の種類(BTC、BCH)を

選択して「OK」を選択します。

 

 

入力後、画面下の

「ウォレットをインポート」を選択します。

 

パスワードの入力画面が表示されます。

 

パスワード設定している場合は、「はい」を

パスワード設定している場合は、「NO」を

選択します。

 

パスワードは2回入力する画面が表示されます。

 

「ほぼ完了!確認してみましょう」

という画面が表示されて、

利用規約、注意事項の画面が表示されます。

 

注意事項の英文訳は、

私の資金はこのデバイス上で保管されるのであって、提供企業(BitPay社)に保管されるのではないことを理解しています。

 

注意事項の英文訳は、

このアプリが他のデバイスに移行されたり削除されたりした場合、私のビットコインはバックアップフレーズを使ってバックアップからのみ復元されることを理解しています。

 

全てにチェックを入れます。

 

 

また、画面下の英文で

「利用規約を読み、理解して、同意します」

にもチェックを入れて、

「Confirm & Finish」を選択します。

 

 

 

この画面が表示されたら、

ウォレットの復元は無事完了です。

 

ウォレット内の残高も確認しておきましょう。

 

・Copay(コペイ) まとめ

仮想通貨ウォレットCopay(コペイ)

の登録、入金、送金、復元などに

ついて解説してきました。

 

簡単に導入できて、

マルチシグウォレットや

複数ウォレット管理できるのが

特徴のウォレットです。

 

BTC,BCH管理に、

Copayを活用してみてください。

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。