LINE@登録で「初月で10万円以上稼ぐ方法をプレゼント!」 登録はこちら

仮想通貨ICO上場直後に売却するコツとやっておくべき事前準備

資産を増やしたい目的でICOに

参加されている方が多いかと思います。

 

私自身はETHの枚数を

増やす目的で参加しています。

 

こちらでは、

ICO上場直後に売却するコツと

やっておくべき事前準備をお伝えします。

 

スポンサーリンク

・ICOに参加した時の条件を必ず記録する

どういう条件でICOに参加したのかをメモしておきます。

 

参加した時の購入レートが、

1ETH=5000トークン、

1トークン=〇〇ドル、

など色々条件が異なりますので、メモしておきましょう。

 

・1トークンあたりのETH・BTCの枚数を計算する

1トークンあたりのETH(またはBTC)を計算しておきます。

 

例えば、

1ETH=50000トークンのレートの場合

1トークン=0.00002ETHになります。

 

1トークン=0.20ドル(22円)、参加時1ETH=10万円の場合

1トークン=0.00022ETHになります。

 

 

1トークン=〇〇ドル場合、計算が面倒くさいですが、取引履歴を確認すると、送信総額(ドル)が確認できますので、その数字を元に計算しておきます。

 

・ETHでICOに参加して、上場取引所でBTC建しかない場合は?

ETHでICOに参加して、上場時にはBTC建しかない場合があります。

 

例えば、

1トークン=0.00022ETHで参加。

 

上場時、ETH/BTC=0.05BTCの場合、

0.05×0.00022

=0.000011BTC

 

この数字を見て、上がったか、下がったかを判断してください。

 

この場合は、利確した時は、BTCになります。

ETHを増やしたい時は、BTCをETHに交換してください。

 

・どういった資産を増やすのかを決める

あなたの中で目標やどのような資産を増やしたいかを決めておきましょう。

 

ETHまたはBTCの枚数を増やしていくのか?

法定通貨(円やドルなど)を増やしたいのか?

 

例えば、

増えたETHを他のICOに再投資したり、

上場後一度利確して、下がった所で購入する、

など、戦略を決めておいた方が良いと思います。

 

・ICO上場直後に売却する準備

上場前に、ICO元から上場取引所、上場時期、トークンを移動できる時期が知らされます。

 

上場前にトークンがウォレットに送られてきます。

 

上場取引所がわかったら、すぐに口座を開設しておきましょう。

 

送金できる時期になったら、早めに送金手続きを行います。

 

取引所により取引手数料(ETHまたはBTC)が入りますので、事前に送金しておきます。

 

また、取引所により操作が全く違うので、トレード手順などをチェックしておきましょう。

 

これで、ICO上場直後に売却する準備は完了です。

 

・ICO上場直後に売却する方法

ICO上場直後に売却するのは上級者向けです。

上場直後にトレードできないと難しいです。

 

初級者の方は無理に上場直後に売却する必要はないですが、タイミングが合えば、トレードしてみると良いでしょう。

 

上場時間の数時間前に、今一度、トークンと手数料分のETHまたはBTCがあるかを確認しておきましょう。

 

基本的に取引通貨ペアは、ETHまたはBTCです。

〇〇コイン/ETH

〇〇コイン/BTC

という表示です。

 

チャートをパッと見ても、あなたの資産が増えたのか、増えていないかわからないですよね。

 

最初に紹介した、

ICOに参加した時のレートを計算しておくと、すぐに増減が把握できます。

 

上場直後、2、3倍の所で元本分を利確して、下がったところで買い戻しても良いでしょう。

 

トークンに興味がなければ、全部利確してもいいかと思います。

 

上場後、売りたい人が多いので、大体ICO価格ぐらいまで下がります。

 

地合いが悪い時期は、ICO価格を割ることも多いので、チャート画面に張り付いておいた方が良いでしょう。

 

・上場後のICO価格の値動きは仮想通貨市場に左右される

仮想通貨の時価総額が上がっている時の上場は、ICO価格は上がっていく兆しがあります。

 

地合いが悪い時は、上場後、上昇してすぐに下がっていくことが多いです。

 

仮想通貨に限らず、株IPOでも同じ動きような動きがあるようです。

 

・まとめ

ICOに参加するなら、上場後、まずは元本の2、3倍は利確しておきたいところです。

 

トレード自体が初めての方は、まずは少額からでも売買経験を積んでいかれると良いでしょう。

 

ICOに参加して、売り方が分からない!ということならないように準備をしておきましょう。

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。