LINE@登録で「初月で10万円以上稼ぐ方法をプレゼント!」 登録はこちら

ICO投資に参加する魅力とは!メリット・デメリットを紹介

世界中でICO事業が広がっています。

これからもっと耳にする機会が増えてくると思います。

 

ICOの仕組みはどのようなものなのかを分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

・ICO(新規仮想通貨公開)とは

ICOとはInitial Coin Offeringの略で、企業の資金調達の手段です。

資金調達は仮想通貨で行います。

 

2018年は数千億円越の資金調達がされています。

仮想通貨のIPO(新規公開株)に似ています。

 

企業は株の売買と違って、短期間で、世界中から資金調達ができます。

ICOは新規仮想通貨が取引所で公開される前に売り出されるものです。

 

ICOの募集を「プレセール」「クラウドセール」と呼びます。

・ICOの募集の流れ

資金調達をする企業はクラウドセールの調達額や期間を発表します。

 

発表に合わせて、事業内容を公式サイトや「ホワイトペーパー」という呼ばれる書類で公開します。

「ホワイトペーパー」とはIPOの目論見書のようなものです。

 

企業は「トークン」と呼ばれる株式のようなものを発行します。

この「トークン」を投資家が仮想通貨で購入します。

仮想通貨を利用する事により、世界中から事業資金を速く調達できます。

 

・ICOに参加するメリット

・値上がり益が期待できる

トークンは取引所に上場されると、自由に売買できるため、価格が変動して値上がりする可能性があります。

例えば、

ある企業が1トークンあたり100円相当の仮想通貨で売り出して、事業に必要な資金を調達します。

 

トークンは取引所に上場すると、自由に売買できます。

企業の業績や人気が上がると、100円相当で購入したトークンでも、1.000円でも買いたい人が出てきます。

 

そうすると、トークンは1.000円相当の価値になります。

いやいや~2.000円出して買いたい人がいれば、トークンは2.000円相当の価値になります。

 

100相当で購入したトークンを2.000円相当の価値に上がった時に売却すると、1.900円相当の利益になります。

 

この値上がり益を期待して、早い段階で購入したいという人が増えて、ICO投資が広がっています。

・ICOに参加するデメリット

・必ず価格が上がるとは限らない。

ICOは価格の値上がりは確定できません。

 

さらに、上場されず公開されずに終わってしまうこともあります。

この点はIPOとの違いになります。

 

日本のIPOでは、有望視されるものはほぼ上昇が約束され、公募割れしても問題ありません。

ICOは歴史が浅く、公開後どのくらい値上がりするのか予測しにくく、公開されないまま終わる可能性があります。

・法律がまだ整備されていない

ICOには経営をチェックする仕組みがありません。

 

経営状態を公開する義務もなく、インサイダー取引などを監視する機関もありません。

・詐欺ICOをつかむリスク

ICOで資金調達をした後に企業がなくなったり、全然事業を行わないなどの事例があります。

・慣れないと購入までの敷居が高い。

日本のICOの募集は、まだまだ少ないです。

海外企業が公開しているものがほとんどであり、海外サイトから購入する必要があります。

 

 

企業から提示される方法で、仮想通貨を送金してICOを購入します。

ですが、購入方法、管理などのサポートは特にないので、不明な点はあなた自身で解決する必要があります。

 

注目されるICOは、ブログやサイトなどで詳細を紹介される事がありますが、はじめての方はハードルが高いといえます。

 

ただ、ハードルが高いからこそ、ICOに参加してみる価値があります。

・ICOの購入方法の流れ

ICOに参加するには、ICOを募集している企業の公式ページにアクセスし、購入する必要があります。

 

ICOの資金調達はイーサリアム、ビットコインを送金して購入するのが定番です。

・取引所で口座開設

イーサリアム、ビットコインが購入できる取引所で口座を開設します。

 

日本の取引所では必ずイーサリアムとビットコインは扱っています。

・ウォレットの作成、送金

イーサリアム、ビットコインが管理できるウォレットを作成する。

仮想通貨の管理はウォレットが基本です。

 

イーサリアム、ビットコインを購入したら、必ずウォレットで管理しましょう。

ウォレットとはウェブやパソコン上にある財布のようなものです。

 

あなた自身で仮想通貨を管理する事で、取引所の倒産や盗難などの色々なトラブルを避けることができます。

 

ICOに参加する場合もウォレットから送金するようにしましょう。

・まとめ

ICOとIPOは似ていますが、特徴が違います。

はじめて聞く方は難しく感じるかもしれません。

 

ICOの購入方法を少しずつ理解していけば、初心者の方でもICOを購入することは難しくありません。

 

少し手間はかかりますが、日本での競争率はまだまだ低いです。

注目されるICOでは数分で完売する事もありますが、IPOの競争率に比べるとまだまだです。

 

ICOのクラウドセールの参加は、IPOにないメリットが多々あります。

仮想通貨に慣れてきたら、ICOに参加にチャレンジしてみてください。

 

 

仮想通貨をタダでもらおう!

Airdrop(エアドロップ)の最新情報はこちら

【無料エアドロップ配布情報】2018最新案件と入手時の注意点
仮想通貨をタダでもらえるAirdrop(エアドロップ)。2018年最新のAirdrop配布情報をご紹介。もらう方法、もらう時の注意点や事前にやっておくべき事などを初めて利用する方にもわかりやすく解説。