LINE@登録で「初月で10万円以上稼ぐ方法をプレゼント!」 登録はこちら

【仮想通貨・専門用語集】始める前に覚えておきたい用語一覧と解説

仮想通貨は新しい技術であるため、難しい専門用語が出てきます。

仮想通貨で資金を0にしないためには、正しい情報収集が大切です。

 

情報収集して、情報を精査して、投資に役立てるために、仮想通貨の専門用語をある程度理解しておきましょう。

ここでは、仮想通貨投資に必要な専門用語を始めての方にも、わかりやすく解説します。

 

スポンサーリンク

・仮想通貨 基本用語

・アービトラージ

仮想通貨の取引方法の一つ。

日本語では裁定取引という。

 

同じコインでも取引所ごとに価格が違う場合があります。

その取引所間の価格差を利用して利益を得る取引のことです。

・煽り(あおり)

仮想通貨のサイトや掲示板に書かれている「煽り(あおり)とは、価格操作をする行為のこと。

 

売り買いを煽る行為。「今が買い!」「いまが売り時だ」と周りの人を不安にさせて煽る行為です。

売り買いの判断は、周りの情報に流されないようにしましょう。

 

・握力

仮想通貨でよく見かける「握力」とは、価格が暴騰、暴落してもコインを保有し続ける忍耐力のこと。

 

例:地合いが悪い相場で握力が弱まった。

  相場天井では、なぜか握力が高まる。

 

・アセットタイプ通貨

アセットタイプは、発行者がいる仮想通貨のことです。

発行者が発行量や発行スピードを調整できます。

アセットタイプの通貨は、株式に似ています。

 

株式は、会社が株を発行し、株を売って資金調達を行います。

株式保有者は、株式を発行する会社の将来性を見て、売買していきます。

 

株式の方法を仮想通貨に取り入れたものを、アセットタイプの通貨です。

アセットタイプの通貨では、株式の代わりに「トークン」を発行して、資金調達を行います。

 

・アトミックスワップ

アトミックスワップとは、取引所の仲介なしで、違う仮想通貨同士でもユーザー同士で取引ができる仕組みのこと。

 

現時点では、取引時間がかかる、取引手数料が高め、通貨が限定される、などの克服する点があります。

 

・アマチュア・アワー

仮想通貨市場で誰でも稼げてしまう上昇相場が続く時期のこと。

2017年、億り人を続出した時のような相場をいいます。

 

・アルトコイン

ビットコイン以外の仮想通貨の総称。

 

・アンバサダー(Ambassador)

一般的に「大使」と翻訳され、著名人や芸能人などがブランド大使として任命される時に使われています。

 

仮想通貨では、コインプロジェクトを広める方のことをいいます。

活用例|「Cosplay Token」「ALIS」

 

・EBA(欧州銀行監督局

本部はイギリス ロンドン。
EU加盟各国の銀行監督当局を統括する機関。

 

EU全体に適用される一定のルールの元、加盟国の監督当局間の争いを調停する権限も与えられている。

EBAは仮想通貨への過度の規制に反対だと意思表明している。

 

・インフルエンサー(influencer)

社会に大きな影響力を及ぼす人のこと。

要するにファンが多く、言動が注目されて宣伝力が大きい人のこと。

 

仮想通貨でもインフルエンサーが多くいます。

 

インフルエンサーの発言は参考になるけど、なんでも鵜呑みにして信じ込まないように。

仕手(価格操作)の可能性もある。

 

・WEBウォレット

インターネット上のウォレット。

 

アカウント管理が簡単でセキュリティは運営会社任せでok。

PC、スマホ、どの端末から操作できて便利です。

 

ただ、常にネットに繋がっているため、セキュリティ面の不安要素はあります。

 

頻繁に取引する用途に向いています。

ガチホ用コインはハードウォレット保管がオススメ。

 

・ウォレット

仮想通貨資産を管理するウォレット(財布)のことです。

 

ウォレット内には仮想通貨が入っているのではなく、ブロックチェーン上にある資産を自分のものだと、証明できるための秘密鍵が収納されています。

 

この秘密鍵を紛失すると、資産は確認できても仮想通貨を取り出せなくなります。

 

ウェブウォレット、スマホウォレット、ハードウエアウォレットなど様々なタイプのウォレットがあります。

仮想通貨は、自己管理が基本ですので、必ず自分のウォレットで管理しましょう。

 

・仮想通貨販売所

販売所を運営する会社が保有する仮想通貨を販売している所です。

 

仮想通貨の本来の価格に対して、手数料を上乗せして販売しています。

取引所で購入するよりも高くなります。

 

・仮想通貨取引所

仮想通貨を買いたい人と売りたい人をマッチングする所です。

希望する売買価格が一致すると、取引が成立します。

 

手数料の上乗せ分がないため、販売所よりも安く購入できます。

(別途、少額の売買手数料がかかります。)

 

・カレンシータイプ通貨

カレンシータイプは発行者が存在せず、マイニングによって生み出される仮想通貨のことです。

 

通貨の発行量が増えていくようにプログラミングされています。

ビットコインは、カレンシータイプに属します。

 

・CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)

CoinMarketCapとは、仮想通貨の流通量、時価総額、チャート、仮想通貨を扱う取引所の出来高、仮想通貨の発行数などを確認できるサイトです。

https://coinmarketcap.com

 

・CFTC(アメリカ商品先物取引委員会)

アメリカ国内の先物取引を監視している機関のこと。

急激な相場変動の場合、人為的な相場操作など不正がないかを常に監視しています。

 

2018年からビットコイン先物取引の監視を開始しています。

 

・スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、「Smart(賢い)」「Contract(契約)」という訳です。

 

契約の自動化ができるので、「Smart(賢い)」という言葉が使われています。

全ての契約行動(契約内容、契約実行)を自動的に行われるものが、スマートコントラクトです。

 

・ハードフォーク

ある仮想通貨のルールを変更する場合、元々のルールを使わず、新ルールを適用することで、元々のルールの互換性が無くなることです。

仮想通貨はブロックチェーンにより成り立っています。

ブロックチェーンは最初から繋がっている一つのデータです。

 

仮想通貨のルールを変更する場合、2つの方法があります。

 

1、全てのルールを変更して、以前のルールも適用できるようにする方法

2、新ルールを適用後、元々のルールの互換性が無くなるようにする方法

 

1、がソフトフォークといい、

2、がハードフォークといいます。

 

過去のハードフォークの事例は、

ビットコインからハードフォークが実施されて、ビットコインキャッシュ(BCH)が生まれました。

 

イーサリアムからハードフォークが実施されて、イーサリアムクラシック(ETC)が生まれました。

 

・フィンテック革命

フィンテックとは、金融を意味する「Finannce(ファイナンス)」と、技術を意味する「Technology(テクノロジー)」を組み合わせた造語です。

 

フィンテック革命は、IT技術を利用して、新たな金融サービスを生み出したりする働きです。

 

PayPal、square、マネーフォーワード、三菱UFJファイナンシャルグループなど、有名企業が続々とフィンテック事業に参入しています。

 

・ブロックチェーン

銀行のように1つの場所で管理(中央集権)する場合、ハッキングよるデータ流出や不正出金のリスクがあります。

 

ブロックチェーンは、一定時間の取引データを一つのブロックにして、次のブロックにつなげてデータを記録します。

 

このデータは世界中のネットワークに分散されて、インターネットがあれば誰でもどこでも利用できます。

 

不正や改ざんするには、過去のデータを全て変えないといけないため、不正や改ざんがされにくい技術です。

 

ブロックチェーン技術を利用して、書面上でしかできなかった申請(免許証、パスポート、カルテ、出生届、結婚届など)が可能になります。

 

・マイニング

ビットコイン・イーサリアムなどの仮想通貨では、発行元が存在しないのに、少しずつ発行されています。

 

銀行で送金すると、送金記録が残ります。

仮想通貨では、暗号化されて送金されます。

 

暗号化された送金履歴を正しい取引だと証明しなければいけません。

世界で一番最初に証明作業を行った人に対して、報酬として支払われます。

この証明作業により、ビットコイン・イーサリアムなどは、少しずつ世の中に出回ります。

 

新規発行させる作業を、金を採掘する作業になぞって、「マイニング(採掘)」といいます。

 

複雑な膨大な計算が必要となるため、大規模な施設と電気代が必要になります。

 

個人で行うのは現実的ではないので、マイニングを行う企業に出資して配当を分配されるサービス(クラウドマイニング)に参加することができます。

 

・Mt.Gox(取引所、マウントゴックス)

日本でビットコインが有名になったきっかけが、Mt.Goxの経営破綻です。

2014年、日本最大のビットコイン取引所であるMt.Goxが倒産した事件です。

 

元社長のマルク・カルプレス氏が不正操作をしたのでは?と言われています。

取引所が倒産して資産を失うことに例えて、「Goxする」という用語が生まれました。

 

・メインネット移行

ETH系トークから独自ブロックチェーンに移行すること。

 

移行完了後、ETH系ウォレットから引き出せなく恐れがあります。

保有トークンの最新動向は常にチェックしておきましょう。

 

・仮想通貨 ICO関連

・ICO(アイシーオーシー)

ICO(Initial coin offering、イニシャル・コイン・オファリング)の略語です。

 

ブロックチェーン技術を利用したサービスを立ち上げる企業が、独自仮想通貨を販売し、資金調達する手段です。

 

株式では株を販売して、資金調達を行いますが、ICOでは「トークン」を販売して資金調達を行います。

資金調達で使われる仮想通貨は、主にビットコインやイーサリアムです。

 

ICOに参加した投資家は、企業のサービスが大きく成長すると、大きな対価を得られます。

 

ICOについてさらに詳しく解説

ICO投資に参加する魅力とは!メリット・デメリットを紹介
世界中でICO事業が広がっています。 これからもっと耳にする機会が増えてくると思います。 ICOの仕組みはどのようなものなのかを分かりやすく解説していきます。 ・ICO(新規仮想通貨公開)とは ICOとはInitial Coin Offeringの略で、企業の資金...

 

・トークン

通貨の代わりに使われる代用貨幣のことです。

通貨とトークンの違いは、ほぼ違いはありません。

 

例えるなら、「トークン」は赤ちゃんで、大人になると「通貨」になるようなイメージです。

 

トークンを仮想通貨取引所に上場されると、売買できるようになり、仮想通貨として流通するようになります。

 

株式に置き換えると、トークンは未公開株であり、上場で株式が流通することで価値を持つようになります。

 

・仮想通貨 種類

・ビットコイン(BTC)

時価総額1位の仮想通貨。

2008年、「ナカモト サトシ」という人物が発表した論文を元に技術者が集まってできたのが、ビットコインです。

2010年5月、2枚のピザを1万BTCで交換したのが最初の取引です。

 

管理者なしでユーザー同士で取引が可能で、銀行を使わず、安全にBTCを世界中に送金できます。

 

ビットコインについてさらに詳しく解説

今からでもまだ大丈夫!はじめてでも簡単にわかるビットコイン入門
ビットコインは値段が上がって、今から保有しても遅いのではないか? ビットコインバブルじゃないの? といわれていますが、 実はそんなことはありません。 仮想通貨全体にもいえますが、ビットコイン市場はまだ始まったばかりです。 これから成長していくいわれる分野ですので...

 

・イーサリアム(ETH)

ビットコインに次いで、時価総額2位の仮想通貨。

カナダ人の技術者が開発。

通貨としての機能の他に、ブロックチェーン技術を利用して、納税、譲渡、不動産売買などの契約(スマートコントラクト)ができます。

 

・仮想通貨 ウォレット関連

・マイイーサウォレット

イーサリアム、イーサリアム系トークンを保管できるウェブウォレットです。

「イーサリアムを送金して紛失した」「 購入トークンが届かない」という、トラブルが起こりにくウォレットです。

 

ICO発行企業が推奨しているウォレットです。

ICOに参加して送金する場合、必ず自分のウォレットから送信しましょう。

取引所からICO発行企業へ普通に送金できますが、トークンを受け取れなくなりますので、注意しましょう。

 

マイイーサウォレットの使い方

【ICO投資の定番ウォレット】マイイーサウォレットの使い方を解説
マイイーサウォレット(MyEtherWallet、MEW)の使い方マニュアル。登録、ログイン、秘密鍵保管、入金、送金、カスタムトークン追加方法など初めての方にわかりやすく解説。ICO投資、AirDrop(無料トークン配布)参加に必須のウォレット。