LINE@登録で「初月で10万円以上稼ぐ方法をプレゼント!」 登録はこちら

今からでもまだ大丈夫!はじめてでも簡単にわかるビットコイン入門

ビットコインは値段が上がって、今から保有しても遅いのではないか?

ビットコインバブルじゃないの?

といわれていますが、

実はそんなことはありません。

 

仮想通貨全体にもいえますが、ビットコイン市場はまだ始まったばかりです。

これから成長していくいわれる分野ですので、興味のある方はビットコインの基本を知っておきましょう。

スポンサーリンク

・ビットコインの簡単な歴史

ビットコインは、2009年に「ナカモト サトシ」という匿名の人物が、「こんなコインがあったら面白いのでは?」と論文を発表して広がったものです。

 

匿名の人物は今だに分かっておらず、謎に包まれたままです。

 

論文を元に数学者が集まって、インターネット上にプログラムが公開されて、ビットコインが誕生しました。

 

とても有名に話ですが、世界で一番最初の取引は、2010年5月22日にビットコインでピザを買ったのが始まりです。

この時、ピザ一切れが1万ビットコインだったそうです。

そこでビッコインに値段という価値がつきました。

 

「ビットコインはどんなものなのか?」を分からないものだっだので、数年前までのビットコインは、お金としての価値がないものでした。

 

当時のビットコインを保有していたら、ピザ一切れ分のビットコインで、ビリオネアになれていますね。

2009年に、ノーマンクリストファーさんという方は、5000ビットコインを27ドルで購入しています。(今の価値で約65億円)

・ビットコインコインができる事

・投資

ビットコインコインの売買(トレード)で利益を得る。

アルトコインを購入して、値上がり益を得る。

ICOに参加して、上場後の値上がり益を得る。

・決済

商品代金をビットコインで支払う。

大手企業を中心に少しづつビットコインが使えるお店が増えてきています。

・送金

仮想通貨全体に言えることですが、元々送金手段として、非常に注目を浴びています。

着金のスピードが早い点です。

送金手数料が非常に安い点です。

 

海外送金では、銀行に海外送金手数料を支払い、着金まで3日ぐらいかかります。

手数料は数百万円までは一律で、6000円程かかります。

1万円でも10万円でも手数料は同じです。

 

銀行の海外送金よりも手数料が安く、着金が早いツールあれば面白いと、特に出稼ぎ労働の人達に注目を浴びました。

 

海外から出稼ぎに来ている方は、基本的に貨幣価値が低い国の人達です。

その方達が貨幣価値の高い国に出稼ぎに行くわけです。

 

出稼ぎ先で稼いだお金を自国に送金するわけです。

その時に海外送金手数料がかかってしまうと、とてももったいないです。

 

そして、着金までの時間です。

以前は着金までに5日必要でしたが、最近でも着金までに3日かかります。

それがすぐに届くというのが安心材料になっています。

・ファンディング

少額の寄付に使える。

・貨幣価値の保存

法定通貨が不安定なの国の代替え的な貨幣価値の保守手段として利用できる。

法定通貨とは米ドルや日本円、タイバーツ、ウォンなどの通貨です。 

 

基軸通貨とは法定通貨の基本となる通貨で、世界中で取引されている通貨です。

戦争により左右されず、価値が安定している通貨です。

 

現在の基軸通貨は、米ドル、ユーロ、ポンド、スイスフラン、日本円。

金の保有量が必要で、現物資産を持っているからこそ基軸通貨になれています。

 

基軸通貨以外の通貨は、戦争に左右され、価値が不安定になりやすいです。

 

戦争により基軸通貨の国が負けた場合は、金によって払い出すという条件があるので、基軸通貨の国のお金は安定しています。

基軸通貨はたった5通貨しかないです。

 

アジア、南米、南半球の国など基軸通貨ではない通貨だと安定しないわけです。

例えば、日本が基軸通貨ではなく、北朝鮮にミサイルを撃ち込まれると、日本円は下落してしまいます。

 

基軸通貨は下落しないように、金(現物資産)を保有することで成り立っています。

米ドル、日本円などの法定通貨は基本的に国が発行しています。

情勢によって価値が不安定になります。

 

国の通貨に不安により、始めてビットコインが買われたのが、「キプロスショック」という出来事です。

このキプロスショックでは、デフォルトが懸念された時、預金封鎖が行われました。

他には、インドの高額紙幣廃止の影響によるビットコインの高騰や、

ベネズエラのハイパーインフレ

 

・ビットコインの発行元はどこ?

米ドル、日本円などの法定通貨は基本的に国がある発行しています。

情勢によって価値が不安定になります。

 

ビットコインは発行元がありません。

 

ビットコインはインターネット上にプログラムが公開されています。

そのお金をみんなでバラバラに持っている状態です。

 

・ビットコインは金と似ている?

ビットコインの考え方は金が最も近いです。

金に似せてプログラムが作られています。

 

金の埋蔵量は2100万トンあるといわれています。

その内の80%が掘り起こされていて、世界中で流通されています。

残り20%がまだ埋まっている状態です。

 

ただ残りの20%は海底にあり、掘り起こす事は出来ないといわれています。

ほぼ上限量に達していると。

 

少し前まで中国とアメリカの情勢が不安定になると、中国の富裕層は敵対する米ドルに換えていた現状があります。

自国通貨が安定しないから、安定しているお金に換えていました。

金はたったの2100万トンしかなくて、ある程度流通してしまっています。

 

基軸通貨の国が大半を所有していますが、個人所有が可能ですが値段が上がっています。

ここ10年で10倍ぐらいの価格になっています。

 

それは80%以上が掘り起こされており、残り20%は掘り起こせないので、金の希少価値が上がっているからです。

・ビットコインに価値が出るのはなぜ?

金に似せて作られており、上限枚数は2100万枚です。

ビットコインの上限枚数は、2100万ビットコインです。

 

ビットコインはインターネット上にプログラムがあり、少しづつ排出されるプログラムが組み込まれています。

それをみなさんの手で取っていきます。

 

現在すでに80%が流通しています。

残り20%がこれから流通されます。

 

金は残り20%は掘り起こすのがほぼ不可能ですが、ビットコインの20%は少しづつ排出されるものです。

 

発行元がいなく、上限数が決まっており、少しづつしか排出されないので、価値が上がっていきます。

・ビットコインの半減期って何?

2018年現在ですと、毎10分ごとに、12.5ビットコインが世の中に生まれています。

2020年に半減期というものがきて、

12.5ビットコイン➡︎半分の6.25ビットコインになります。

 

毎10分ごとに、6.5ビットコインが世の中に生まれるプログラムに変わります。

2024年になると3.125ビットコインに。

 

4年1度、半減期というものを迎えながら、少しづつ世の中に排出されていきます。

 

半減期を繰り返し、少しづつ排出されながら、2140年で2100万枚になる計算ならプログラムされています。

金も希少価値があるので値段が上昇しています。

ビットコインは半減期を迎える度に希少価値がついて値段が上がってきています。

・ビットコインは誰が手にするの?

少しづつ排出されるビットコインは、発行元がいないのに誰が手にするのか?

 

AからBに送金するとします。

金融機関ですと海外送金手数料を払って送金履歴が記録されて着金します。

仮想通貨に関しても、送金した記録を誰かが証明しないといけません。

 

送金取引はインターネット上に全て公開されています。

「Blockchain.info」で全て確認できます。

 

新規ビットコイン取引リスト

4785 Unconfirmed Transactions
A list of unconfirmed bitcoin transactions

 

未確認トランザクション(取引)が全て表示されています。

毎時毎時の取引が全て公開されています。

 

誰かが取引を証明しなければいけません。

証明作業は誰でも行う事ができます。

 

1番最初に証明した人に対して、まだ排出されていないビットコインの一部が支払われます。

この証明作業で、世の中にビットコインが少しづつ排出されます。

 

この作業を「マイニング」といいます。

マイニング(英語)は日本語にすると「採掘、発掘」という意味です。

 

金は採掘しないと掘り出せないから、マイニングという言葉が使われています。

金に非常に似せて作られているおり、ビットコインは別名「サイバーゴールド」という名前で呼ばれています。

 

半減期を迎えるごとに、少しづつ希少価値を高めています。

・ビットコインの値動きが激しいのはなぜ?

国に管理されていないので貨幣価値が非常に安定しやすいです。

ただ、値段は上がったり下がったりが激しいです。

 

お金の価値は安定していますが、値段の価値はまだまだ安定していません。

なぜなら、まだまだ発展途上の通貨だからです。

 

ユーロが始まった時、非常に激しい動きをしていました。

法定通貨でなのに、この激しい値の動きで大丈夫か?と思われていたが、今は約130円ぐらいを推移しています。

 

ビットコインもいずれ値段の動きも安定してくると思われます。

ユーロが始まった時と同じような値の動きをしています。

・ビットコインの値動きの特徴

2016年7月頃からビットコインの価格は少しずつ上がってきています。

それまではずっと安定していました。

 

2017年年始に1BTC10万円台になり、現在100万円程です。

 

1番ピークで230万円に達しています。

ビットコインは上がったり、下がったり、ずっと繰り返しています。

ビットコインは一気に値段が上がり、一気に値段が下がります。

 

ここで知っておいてほしい事は、下がった時に売らない事です。

 

ビットコインは基本的に3歩進んで2歩下がるを繰り返しながら、値が動いています。

下がっても、しばらくすると値上がりしています。

 

下がったタイミングで買うのが良いでしょう。

 

大量の資金を集めてビットコインを売却すると、値段がさがり、下がったピークの所で、また購入する人達がいます。(仕手)

仕手に誤魔化されないように気をつけましょう。

・日本の仮想通貨に対する法律

2017年4月から金融庁により仮想通貨に対する法律が施行されました。

仮想通貨で利益を出したものに対して、税金を徴収する法律です。

 

これから先、ビットコインや仮想通貨が日本で繁栄していくと考えて、税金を徴収するために先に法律ができています。

法の施行でビットコイン、仮想通貨は法の施行により通貨として完全に位置付けされています。

 

仮想通貨で稼いだら、必ず税金を払わないといけません。

・ビットコインが使える店舗

2017年夏にビットコイン対応店舗が日本全国で26万店舗を超えています。

アメリカではアマゾン、楽天がビットコイン決済が導入されています。

日本でも導入する発表はすでに出ています。

 

日本国内のビットコイン決済店舗のほとんどが秋葉原で導入されています。

 

秋葉原は観光名所として海外から注目されています。

いち早くビットコイン決済をしている店舗が非常に多いです。

 

・ビットコインに参入する大企業

現在、大企業もビットコインに参入してきています。

 

2013年末、中国人富裕層のビットコイン参入により、価格が高騰しました。

しかし、中国政府が規制をかけて、暴落することになりました。

 

その後、サブウェイ、グーグル、マイルロソフト、ウィキペディア、デル、ワードプレス、エクスペディア、楽天、アマゾンなど、次々とビットコインを決済手段と取り入れることで、信用度がますます高まっています。

 

ビックカメラでは全店に導入されています。

旅行会社のHISもパッケージツアーなどすべてビットコイン決済ができます。

 

DMM、SBI、サイバーエージェントなどの大手企業が仮想通貨取引所を開設予定です。

ビットコインで電気代が払うこともできます。

 

三菱東京UFJ銀行は独自の仮想通貨を発行するとしています。

ビットコインの参入は大企業からどんどん増えてきています。

 

・ビットコイン決済できない店舗で使う手段

ビットコイン決済を導入していない店舗で使う方法は1つだけあります。

 

それは、ビットコインをチャージして使う事ができるデビットカードです。

ビットコインは世界中で、日本の中でも、使える店舗が増えています。

 

使う所が増えることにより、持つ人が増えてきて、流通量が高まってきています。

値段の上がり方も激しくなります。

これから2年ぐらいの先、値が上がってくると予想されるので、ビットコインを持つことは資産を増やし方の1つになるでしょう。

・今後のビットコインの値動きの予想

2020年7月まで上がると予想されています。

理由はいくつかありますが、大きな理由は2つあります。

 

・2020年の東京オリンピック開催

東京オリンピックが2020年にあります。

東京オリンピックに向けて、ビットコインを導入している企業が非常に多くなっています。

 

ぐるなびは2020年までに全ての掲載店舗でビットコイン決済を導入すると発表しています。

現在は随時導入を始めており、ぐるなびの掲載店舗は非常に多く、全国の1/3の飲食店が掲載されています。

 

ビットコイン決済を導入する店舗が増えるということは流通量が増えてきます。

流通量が増えると値段は上がっていきます。

 

・2020年にビットコインの半減期を迎える

2020年には東京オリンピック開催の他に、ビットコインの半減期を迎えます。

半減期の年は値段が上がりやすいです。

この2つの理由で、2020年7月までにはビットコインの価格は非常に上がっていくだろうと予測している人が非常に多いです。

 

2020年7月以降はどうなるのか?

おそらく価格は下がり、価格は安定すると予想されます。

 

法定通貨と同じように、1BTCはいくらというようにある程度安定して、すごく価格が変動しても10円ぐらいになってくるのではないかと思われます。

 

・ビットコインを手に入れる方法

・ビットコインを購入して保有しておく。

ビットコインを購入して保有しておくだけ、利益を生む事ができます。

 

・ビットコインのマイニング

取引の証明作業をしてビットコインを手に入れる。

現在は個人で参入するのは非常に難しいので、マイニング会社に出資してマイニングします。

 

・トレード

ビットコインの売買を繰り返しながら、差益を生んでいく。

仮想通貨のFXが盛んに行われています。

少ない資金で大きな資金を動かす取引(信用取引)が仮想通貨同士、法定通貨と仮想通貨同士で可能です。

 

・アービトラージトレード

トレードの1つの手法です。

世界中の取引所ではビットコインの価格はバラバラです。

 

取引量により価格が違ってきます。

 

安い所でビットコインを購入して、高い所で売却する事で差益を取る事ができます。

差益を取る事をアービトラージトレードといいます。

 

・世界でどこの取引所でトレードされているのか?

全体の69%がビットフライヤーの信用取引です。

他にはコインチェックが多くて、ほんとんどが日本で取引されています。

 

現在、海外でも信用取引が増えてきています。

ビットコインと他の暗号通貨や法定通貨で信用取引が始まってきています。

 

仮想通貨も1つの通貨として、だんだん参入してきており、法定通貨と仮想通貨同士のトレードが盛んに行われています。

 

仮想通貨を欲しいというか人が非常に増えてきています。

欲しい人がいなければ、値段は動かないです。