LINE@登録で「初月で10万円以上稼ぐ方法をプレゼント!」 登録はこちら

大注目のICO! 貴重な水資源を扱う将来有望の大型案件情報とは

我々が生きていくのに欠かせない水。

その水が現在、危機的な状況に陥っています。

 

危機的な状況を解決するため、人類に欠かせない水に関する、将来有望なICOをご紹介します。

 

・使える水の技術と現在の造水技術

 

私たちが使える水(淡水)は、地球上に2.5%しかなく、地下水や北極・南極の氷などを除くと、実際に利用できる水の量はわずか0.01%と言われています。

 

わずか0.01%の水を、生活用水、農業、工業などに利用しています。

 

人口増加、汚染水の増加、地球環境の変化により、使える水が減少しています。

水の需要はますます増加する一方であり、水の確保する技術(造水技術)の発展が必要になります。

 

 

ただ、現状の造水技術は、海水を淡水化する技術があるが、大量のエネルギーが必要であり、大量の二酸化炭素を排出してしまいます。

 

そして、造水技術研究の資金調達があまり進まないため、技術は発展途上であり、危機的な状況に陥っています。

 

世界的に造水技術を普及させ、環境にも人類にも優しい、多種多様な技術研究が急がれています。

 

この問題を解決することを目指したICOプロジェクト、

 

 

それが、、、、

Firop(フィロップ )です。

・Firop(フィロップ )とは

Firop(フィロップ )とは、

「造水技術」の分野に限定したマーケットプレイス(Firop Exchange)を創設し、造水技術の研究機関や企業限定のスピーディーな資金調達(ICO)を可能にするプラットフォームです。

 


マーケットプレイスとは

モノやサービスを提供したい企業(個人)と利用したい企業(個人)が自由に参加できるインターネット上の取引市場のこと。

 

「Firop Exchange」を活用することで、研究機関と投資家を繋げ、スピーディーな資金調達と造水技術の早期実現を目指しています。

 

さらに、「Firop Exchange」には、半永久的に持続させるため、研究機関に対する監査機能や不正取引などの監視をする金融監督局の役割を取り入れ、公開情報に一定の基準を設けた「分かりやすい」マーケットプレイスの構築を目指しています。

 

これにより、研究機関はスピーディーな資金調達と「Firop Exchange」への公開が可能になり、投資家は一定基準の公開情報を元に、投資先を選択しやすくなります。

 

・Firop(フィロップ )のマーケットプレイスは、なぜ造水技術に限定しているのか?

・Firop(フィロップ)が造水技術に限定している理由1

利権の壁を壊し、水の危機的な状況を早期に解決するためです。

 

造水技術が進まないのは、研究者の環境はクローズドな業界であり、自由な研究ができないのが現状です。

また、人類に欠かせない生活インフラに関わる「水」を扱うため、利権の壁があります。

 

利権の壁が立ちはだかり、クローズドな業界では、造水技術の早期実現が困難です。

Firopは、多種多様な技術ができる環境の構築を目指しています。

 

・Firop(フィロップ)が造水技術に限定している理由2

投資家が比較検討しやすいマーケットプレイスにするためです。

 

ニューヨークや東京など、世界中の証券取引所に多様な業種が上場しています。

同じ業種でも、事業内容は細分化されて、投資先を比較するのが難しくなっています。

 

 

造水技術だけに限定することで、「分かりやすい」「投資家が参加しやすい」マーケットプレイスを構築を目指しています。

そして、迅速な監査と正確な情報公開が可能になります。

 

・Firop(フィロップ )の取引システムの仕組み

Firop Exchageの取引システムは、DEXを取り入れています。

 

DEXとは

 

Decentralized Exchangeの略称。

自律分散型取引所のこと。

 

既存の取引所(中央集権型)では、投資家は資産を一度取引所に預けて、取引所のルールの沿って取引します。

自律分散型取引所では、投資家は資産を手元に置いたまま、取引可能です。

また、24時間365日稼働できます。

 

また、既存の取引所のような不正出金によるリスクがなくなり、自分の好きなタイミングで取引が可能です。

Firop Exchageは、研究機関と投資家を繋げるのが役目です。

 

Firopに投資家の資産を預けたり、Firopのルールで取引できないこともありません。

監査機関や金融監督局の記録は、ブロックチェーンに記録され、隠蔽や改ざんの心配もありません。

 

・Firop(フィロップ )の将来性

造水分野の重要性を「次世代の石油」という声もあるほど、人類にとって必要な分野です。

 

造水分野は人類が生きるために必要な技術であるため、Firopに世界中の研究機関や投資家が集まり、今後長期的なリターンが見込まれる経済圏が誕生します。

 

Global Water Intelligence社の調査によると、世界の水関連ビジネスは、2011年に約3,800億ドルだった市場規模が、2025年は約8,650億ドルまでに成長する見込みです。

 

さらに、人口増加による水の需要が年々増加しています。

 

国連の発表によると、世界の人口は2025年に約80億人、2050年に約100億人に達する見込みです。

OECDの発表によると、人口増加に伴い、水の需要は2000年と比べ、2050年に約5倍の大きな伸び率になる見込みです。

 

・Firop(フィロップ )FDPトークンの役割とは?

「FDP」は、Firopに公開される研究機関全体の平均価値を指します。

株で言うならば、ダウ工業株30種平均などと同じような考えです。

 

将来的に、「FDP」は我々人類に欠かせない造水分野の中心的指標となります。

株と同じようにFDPを取引することができます。

 

研究機関は、「Firop Exchange」 公開時に独自FDPトークンを発行します。

 

Firopに公開中の全研究機関が発行する独自FDPトークンと造水平均「FDP」は、様々な法定通貨や仮想通貨で自由に取引が可能になります。

また、研究機関のトークン同士でも取引が可能になります。

 

例えば、

研究機関 α のトークンを「 α -FDP」

研究機関 β のトークンを「 β -FDP」

とすると、

 

「 α -FDP」で「 β -FDP」を購入(交換)することができます。

 

 

このように、資金の流動性を高めた設計になっています。

 

それぞれの研究機関の技術が実現することで、研究機関独自トークンの価値が上がり、造水平均「FDP」の価値が上がっていくと予想されます。

 

今回のICOトークンを手にできるということは、

 

イメージとしては、

ニューヨーク証券取引所が始まる前の、「ダウ工業株30種平均」を保有できるということ

でしょうか。

 

これは大きな利益が得れるチャンスです。

 

・Firop(フィロップ )ICOセール期間

数量限定でAirDrop(トークンの無料配布)が行われています。

 

ICOセール期間は、6 月 1 日から 8 月 31 日まで。

 

<ハードキャップ達成 ICO終了!>

8月2日から8月3 1 日までは、

20%のトークンボーナスがもらえます。

 

Firopが開始されると、多くの研究機関が参加されるでしょうから、造水平均「FDP」の価値はかなり高くなるのが予想されます。

 

Firopは、人類が生きていくのに必要であり、長期的なリターンが予想される事業になるでしょう。

 

 

興味のある方は、今すぐ以下より、

将来注目されるトークンの詳細をチェックしてください。

 

タップしてFiropの詳細をチェックする

 

 

 

<Firopはアフィリエイトが可能>

 

ツイッター、ブログ、Youtubeでの紹介よる成果でビットコイン、イーアリウムがもらえます。

入手した報酬で、「Firopの購入」もできます。

 

そして、成果報酬とは別に紹介だけで報酬(Firopトークン)ももらえます。

タップしてFiropアフィリエイトに登録する